1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる禁酒で尿酸値が下がるって本当?アルコールと尿酸値の関係とは

禁酒で尿酸値が下がるって本当?アルコールと尿酸値の関係とは

ジョッキに注がれたビール

飲酒は少量であれば体に良いとされますが、尿酸値の高い人は別です。飲酒によって尿酸値が上がってしまうこともあるので、禁酒をして尿酸値を下げていきましょう。

禁酒で尿酸値が下がる?

これまで飲酒の習慣があった人に関しては、禁酒をすれば確実に尿酸値が下がっていきます。なぜなら、アルコールを摂取してしまうと体内で尿酸の生成を助けることになってしまうため、飲酒癖のある人は常に尿酸を溜めこんでいるようなものです。

それを止めるということは、それだけ体内の尿酸生産量が減ることにつながり、徐々に尿酸の絶対量も少なくなっていきます。これに加えてアルコールは尿酸の排出機能を低下させる効果もあり、尿酸に関しては良いところなしといったものです。

特にビールを飲む癖がある人は、禁酒することでプリン体の摂取量を減らすことが出来るため、より効果が強く現れるでしょう。まずは週に数日でも良いので、少しずつ禁酒をしていくことが尿酸値を下げることに繋がります。

おつまみも関係あり

アルコールを摂取するということは、おそらくおつまみもセットのはずです。そして、アルコールと共に食べるおつまみにはレバーやカツオなどの高カロリー、高プリン体の食品が多く、これも尿酸値を上げる大きな原因となっています。

そこで、禁酒すれば自動的におつまみの量も減るため、尿酸値が高くなる原因のカロリーやプリン体の摂取も抑えられるわけです。毎日の少しのおつまみでも、確実に尿酸値を上げているということを忘れないようにしましょう。

適度なお酒は体にとってプラスになる?

お酒は痛風をはじめ、健康が気になる方にとっては天敵のような扱いを受けることも少なくありません。確かに多すぎるお酒は体に与える影響も大きく、時には多大な負担をかけてしまうことも少なくありません。

ただ、上手にお付き合いすることができるのであれば血行をよくしてくれたり気持ちをほぐしてくれるなど、プラスの面でも大きな影響を与えてくれるものなのです。そのためには先ほども言ったように適度な禁酒をすること、おつまみの選び方など飲み方に工夫を加える必要があります。

それを守った範囲であればお酒は自由に楽しめばいいものです。あれもだめ、これもだめと尿酸値が気になり出すとさまざまな制限をかけられるように感じて気が滅入ってしまいませんか?そう思った時こそ、このことを思い出してほしいのです。

お酒との向き合い方は本人の意志によって決まるものです。まずはどれぐらいのペースでお酒を飲むのが自分にとって無理なくできるのか、おつまみはどんなものを選べば体に優しいのか。そういったことを自分で調べると、ご自身のペースが掴みやすくなります。まずは出来る範囲でかまいませんのでリサーチしてみてはいかがでしょうか。

© 2019 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.