1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げるアルカリイオン水ってどんな水?尿酸値が下がる理由とは

アルカリイオン水ってどんな水?尿酸値が下がる理由とは

透明のグラスに注がれたミネラルウォーター

尿酸値を下げてくれる飲み物には、麦茶やコーヒーなどがある中、最近アルカリイオン水なるものにスポットが当てられています。このアルカリイオン水とは、そもそもどんな水なのか。そして尿酸値をどんな風に下げてくれるのかを見ていきましょう。

アルカリイオン水って?

アルカリイオン水というのは、その名前が示している通り、アルカリ性に傾いている水のことです。ミネラルを大量に含んでいることも有名で、尿酸値を下げるだけでなく様々な面から健康を補助してくれると言われています。

味については商品によってばらつきはあるものの、きちんとした商品であれば美味しく仕上がっているようです。ただ、一般的なミネラルウォーターと比べると少し癖があるので、慣れるまでに時間はかかるかもしれません。

利尿作用が尿酸値を下げる

尿酸値を下げるためには、尿酸を排出するために何度もトイレに行くことが重要です。もう少し具体的に言えば、尿を1日に何度も排泄することが大切となります。尿酸というのは体内で余分な分が尿に混ざり、排泄によって外に出ていくという特徴を持っているため、尿を出すことは尿酸を出すことでもあるわけです。

では、尿を何度も出すにはどうすればいいか、これは簡単な話で水分をガンガン飲めばいいでしょう。ただ、一般的な水だと利尿作用が少ないため、せっかくたくさん飲んでも汗や呼吸によって消費されてしまい、尿になる分が少なくなってしまうのです。そこで、アルカリイオン水が活躍します。

アルカリイオン水には強い利尿作用があるため、飲んでからすぐにトイレに行きたくなり、水分が他に回ることなく尿をたくさん出すことができるでしょう。結構強い利尿作用なので、すぐにトイレに行ける状況でない人は注意しておいてください。

尿酸が溶けやすい

尿酸というのは、実はすべての尿に等しく溶けるわけではありません。アルカリ性の尿には溶けやすく、酸性の尿には溶けにくいのです。そのため、場合によっては、いくらトイレに行っても尿酸値が下がらないなんてことも考えられます。

しかし、アルカリイオン水は名前からも分かるようにアルカリ性。これによって作られる尿には尿酸がたくさん溶けていくのです。強い利尿作用によって尿の量が増える上に、尿に溶けている尿酸も多いので、量も質も完璧といえるでしょう。尿酸値が高い人の尿は酸性に傾くと言われているので、尿酸値が高い人ほど、尿をアルカリ性にすることを考えなくてはなりません。

痛風の痛みも和らげる

尿酸値による大きな影響といえば痛風でしょう。これは手や足が過剰な尿酸によって炎症を起こしているため、大きく腫れあがり、同時に痛みを発症する病です。

この炎症というのは、体内にある活性酸素が暴れまわることで発生するのですが、アルカリイオン水を飲んでおけば、活性酸素の働きを抑制することができます。これによって痛風が発症した際の痛みも和らげることができるでしょう。

アルカリイオン水の飲み方

最後に、アルカリイオン水をここまでの情報で飲もうと考えた人のために飲み方をご紹介します。基本的には商品をそのまま飲めば大丈夫ですが、量だけには気を使っておきましょう。具体的には1日に2リットルの摂取が目安となります。

ペットボトルに換算すると1本分となり、1日にこれだけのアルカリイオン水を摂取することで利尿作用により尿酸値が低下、さらに尿をアルカリ性にしてくれると言われているのです。

もちろん絶対に2リットル飲まなければならない、というわけではありませんが、目安として覚えておくといいでしょう。ちなみに、利尿作用が強くなっても尿酸値が下がるには時間が必要になります。ですので、根気強く続けて飲むように心がけましょう。

一日何度かに分けて飲むようにする

水を飲むことについて多くの方が誤解しやすいのですが、なんでも飲めば飲むほどいいというわけではありません。もちろん尿酸値を意識するのであれば2リットルを目安にすることは間違いではありませんが、ひたすら飲む・飲まないを繰り返すのはあまりおすすめできません。

ですのでその2リットルを一日に何度か分けて飲むように意識しなければならないということです。例えば大雑把に分けると午前中と午後でそれぞれ1リットルずつ、というように分けます。しかし午前中よりも午後のほうが多く活動しているので、午前0.5リットル・午後1.5リットルという分け方でもいいでしょう。

さらにそこから細かく分けていき、午後は16時までに0.5リットル・20時までに0.5リットル・24時までに0.5リットルというように、時間を意識して飲むことが大切です。

ご存知の通り水分というのは補給すればそのまま体内を通って流れていきます。しかし極端に一気に水を飲んでしまうことで一時的に尿は排出されますが、またしばらく飲まない時間があって、となってしまうとうまく巡回しにくくなります。

ですから水を一気飲みしようとするのではなく小分けして飲むという意識を持ってください。あくまでも先ほどの時間配分は目安になりますので、ご自身の生活スタイルや仕事の時間に合わせて改変してみてください。こまめに、ということを意識できれば方法は問われません。

水の力はすごい

ただ水を飲むということ、それだけでからだの調子というのは変化を感じやすくなります。普段から水分が不足しがちな方は、その分身体の中に老廃物などが滞ってしまいがちです。

痛風は実際に起こってその痛みを実感するまでつらさが理解されにくいもののひとつですが、一度発症してしまうとそれを完治させることは容易ではありません。だからこそ出来ることは何でもしてみる、日頃から痛風への対策は怠ってはならないのです。

アルカリイオン水のパワーはまだ研究がすすめられている段階ではあるものの、今後におおいに期待できるもののひとつです。味に少々クセはあるかもしれませんが、慣れるとそれが美味しく感じられる方もいるようです。

水分補給をあらためて考え始めた方は是非一度候補の一つにとりいれてみてはいかがでしょうか。もちろんこれ以外にも軽い運動や食事の改善など、あわせてできることはやってみるようにすると効果を感じやすくなります。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.