1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げるストレッチで尿酸値を下げる!血行を良くするストレッチの方法と効果

ストレッチで尿酸値を下げる!血行を良くするストレッチの方法と効果

床に座ってストレッチをしている女性

尿酸値を下げる方法のひとつとして、ストレッチを取り入れている人が多いようです。しかし、ストレッチで何故、尿酸値が下がるのでしょうか。具体的なやり方と共に効果の理由も見ていきましょう。

ストレッチで血行改善

ストレッチをするということは、体の各部を使うということ。そのため、全身の筋肉が良い感じにほぐされ、血行が改善することが期待できます。尿酸値というのは血流が低下することで、反比例するかのように上がると言われているので、これは大変効果的と言えるでしょう。

さらに、血流が良くなることで尿酸が体内に蓄積し、痛風を引き起こすのも防いでくれます。ストレッチにはストレスを緩和する効果もあり、これも何気に尿酸値を下げる助けとなるのです。このような効果からストレッチが尿酸値に効果的とされています。

ストレッチのやり方

ストレッチと一口に言っても、その方法は実に様々。今回はその中から、特に尿酸値対策に有効なものを選んでみました。それは、椅子に座ったままできる体を傾けるストレッチです。やり方としては椅子に座った状態で足を肩幅に開き、背筋を伸ばして腰に意識を集中。

そのまま体全体を左右どちらかに傾けていきます。それが終わったら今度は反対側に傾け、これを1セットとして1日に3回ほどおこなうといいでしょう。これによって尿酸値が下がるのはもちろん、疲労が溜まりにくくなったり、むくみが解消されたり、代謝が良くなったりする効果が期待できます。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.