1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる尿酸値を下げる薬「フェブリク錠」って?気になる効果と副作用

尿酸値を下げる薬「フェブリク錠」って?気になる効果と副作用

瓶からでる錠剤

尿酸値を下げる「フェブリク錠」その効果とは?

痛風になった場合、まずやるべきことは尿酸値を下げることです。とはいうものの、今までの積み重ねてきた習慣をやめるだけで尿酸値が簡単に下がるのか、というと残念ながらそううまくはいきません。時には薬を使った治療も必要になるでしょう。そこで処方される薬の一つが「フェブリク錠」と呼ばれる、尿酸値を下げる薬、いわゆる尿酸降下薬というものです。

このフェブリク錠は痛風や高尿酸血症の治療に使われるもので、痛風の新薬としても注目されています。以前の尿酸降下薬は1日に数回服用しなければならないというデメリットがありましたが、フェブリク錠に関しては1日一錠で効果を発揮することができるなど非常に優れた特徴があります。尿酸値を下げる効果としては薬の中でもトップクラスといえるほど優秀で、まさに現代の薬のレベルの高さをうかがうことができます。

先ほども言ったように自力で尿酸値を下げるというのはとても難しいことです。薬が嫌いだからできるだけ飲みたくない、という方もいるでしょうが、適切な治療を行わなければ尿酸値を下げることは不可能です。また、痛風が発症して痛みが発生しているのであれば一日でも早く症状を抑えたいと思うでしょう。痛風はそれほどの強い痛みがありますので、正しく服用して尿酸値を下げることが一番の解決策といえるでしょう。

どの薬にも必ずついてまわるのが「副作用」のこと

しかし、フェブリク錠に限ったことではありませんが、薬に必ずついてまわるのが「副作用」です。もちろん必ず副作用が出るというわけではなく、何も感じないまま問題なく服用できる方もいます。多少の副作用は薬を飲む以上覚悟しなければなりません。フェブリク錠に関しては、飲み始めに体のだるさを感じる場合やお腹を下してしまうなど、このような症状を訴えることもあるようです。ごくまれにですが、重い副作用としては肝臓に症状が出る場合もあります。たとえば食欲不振や発疹、発熱や吐き気など明らかにおかしいと思った場合は飲み続けるのではなく、医師に必ず相談するようにしましょう。

他にも特徴として「薬を飲んでから痛風の発作が出た」ということがあげられます。一見薬が合わなかったのか、と思いがちですが、薬を飲むことで尿酸の結晶が関節から溶け出す過程で起こるものです。結晶となっている尿酸が排泄されることで症状は出なくなりますので、飲み始めに痛風の発作が出てしまった場合は少しの間我慢しなくてはなりません。痛風の発作は尿酸値が急激に変化した場合に起こるものである、ということを覚えておけばそれほど恐れることはありません。安心してください。

しかし何度も言うように、明らかにおかしい、もしくは気になる症状が出たという場合は医師に相談してください。まれに薬が合わなかったというパターンもありますので、何でも自己判断で済ませてしまうのは危険です。勝手な判断だけは絶対にしないようにしましょう。

食事や生活習慣を正すことの大切さ

具体的に生活においては、尿酸値を下げるために特別あれこれしなくてはならない、というものはありません。ビタミンやミネラルなど、栄養バランスがしっかりとれた食事を意識すること。これはどんな方にとってもいえる共通事項です。そのためには日本人の身体にあった、和食を中心としたメニューを心がけることをおすすめします。

しかしそのなかで工夫を加えていくことが肝心。たとえば尿酸値を下げるために役立ってくれるクエン酸などをたっぷり含んだ黒酢を食事に取り入れてみる、糖分をできるだけ控えた食事を意識する、おしょうゆも減塩のものを選ぶなど、ちょっとしたことに気をつけるだけでもかなり変わってきます。大切なのはその積み重ねを守ることなのです。

サプリメントも非常に有効な手段ではありますが、あくまでもサポートとしての役割をこなしてくれるということが前提であるため、フェブリク錠のような薬とはまた別のものであると認識しておくようにしましょう。薬と、健康補助食品というのは全く別ジャンルのものです。薬は適切な治療を行うための一環となりますが、サプリメントに関しては補ってくれるもの、という認識でいることが大切です。決してその働きを混同してしまわないように注意しましょう。

多くの方は実際に自分の身体に異常が起こってからでしか行動できない方が殆どです。痛風の場合、前兆みたいなものがあるかといえば実はほとんどがなにも感じないまま、ある日突然痛みが起こって発症した、ということがほとんどです。つまりその痛みが起こってからではすでに遅いのです。

自覚がないうちに対策を行うということは容易ではありませんが、もし健康診断の結果を見て気になる数値が判明したという場合は迅速に、発作が起こる前に出来る限りの対策をとることをおすすめします。痛風になったらフェブリク錠を飲めばいい、そういう考えを持つべきではありません。この薬は非常に優秀であることは確かですが、痛風を完治させるものかというと決してそういうわけではないのです。

今や痛風は中高年に起こるものではなく、若い世代にもじわじわと増えてきている病気です。自分はまだまだ大丈夫、と油断しているとある日突然足元をすくわれてしまうなんてことだってあるのです。痛風は生活習慣病とも深い関わりを持っていることから、甘く見るべきものではありません。痛風だからこそ、より気をつけなければならないのです。

薬を飲んでも毎日の習慣を見直すことを忘れないように

フェブリク錠を飲んだからそれで終わり、痛風はそんなに簡単なものではありません。薬を飲んでいるからといって、それで解決する問題ではないのです。尿酸値を下げるためにはどんな生活習慣に変えていけばいいのか、運動や食事療法など自分でできることを改善していかなければ根本から解決することはできません。なぜなら痛風は日々の不摂生などが積み重なって起こるものだからです。効果的な薬はたくさんありますが、その症状を完治させられるのは生活習慣の見直しのみです。痛風をきっかけに、今までの日々を見直してみてはいかがでしょう?改善すべき点がきっと見えてくるはずです。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.