1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる痛風発作の痛み止めはバファリン?ロキソニン?気になる選び方とは

痛風発作の痛み止めはバファリン?ロキソニン?気になる選び方とは

痛風発作の痛み止めはバファリン?ロキソニン?気になる選び方とは

痛風の発作が起きた!そんな時に飲む「正しい痛み止め」の選び方

その症状を最もシンプルに表した名前がついている「痛風」まさに風が吹いただけでも痛みがある、といわれるほど激しい痛みを伴うことが最大の特徴です。痛風の厄介な点は、徐々に痛みが増してくるのではなくある日突然激痛が襲ってくるというところ。

明け方目が覚めたら足に激痛が走っていた、というように寝起きの際に強い痛みを感じた痛風患者の方は多いようです。痛風の発作が起きたのであればまずは医師の診察を受ける必要がありますが、今その場の痛みをとりあえず抑えたい、痛みを我慢し続けるのがつらいという方はご自宅にある痛み止めに手を伸ばされるのではないでしょうか。

確かに痛み止めを飲むことは問題ありません。その場しのぎではありますが、一時的に症状を抑えないと病院へ行くのさえ辛いということもあるでしょう。しかしこの際に重要なのが「痛み止めの選び方」です。とりあえず鎮痛薬ならなんでもいいや、と思っている方は注意が必要です。

ではいざ痛風の発作が出てしまった場合にはどの鎮痛薬を選べばいいのか、その選び方と、咄嗟の対処法について少しご説明していきましょう。できれば避けたい痛風ですが予防やいざという時のために覚えていて損はありません。是非頭に入れておいてください。

痛み止めにはやっぱり「ロキソニン」が有効!

一般的な鎮痛薬としてもあげられるのが「バファリン」や「ロキソニン」が多いでしょう。ロキソニンに関しては、以前は病院でしか処方してもらえませんでしたが今はドラッグストアなどでも購入できるようになりました。

これらは同じ鎮痛薬として分類されていますが、実は全く同じ成分でできているわけではありません。バファリンはアスピリン、アセチルサリチル酸というものが主成分になっていますが、ロキソニンはイブプロフェンが主成分でできています。もし痛風の発作が出てしまった場合に飲む鎮痛薬はイブプロフェンが主成分の「ロキソニン」をおすすめします。

なぜロキソニンがいいのかというと、鎮痛効果が高いこともひとつですが実は痛風専門の病院でも使用されている薬だから、ということがあげられます。先ほども言ったようにロキソニンは病院で処方してもらえる鎮痛薬なので、安心して飲めるということも理由にあげられます。またもうひとつの理由として、バファリンの主成分であるアスピリンは、服用することによって痛風の症状を悪化させてしまうということがあるのです。

アスピリンにはなんと尿酸値を上げる作用があるため、一時的な痛みを抑えることができても尿酸値を上げて痛風の症状を悪化させてしまう可能性があるのです。まさに痛風とは相性がよくないため、痛風の発作が起きた際は、鎮痛薬でアスピリンが主成分のものは選ばないことを必ず覚えておいてください。

ここぞという痛みの時に「適切な範囲」で使用する

痛風の発作が起こった際には一時的な対処として、ロキソニンのほうが効きやすいということが分かりました。しかしここで注意したいのがその使い方です。

一般的に入手しやすい薬となったロキソニンですが、もちろんその分使い方にはじゅうぶん注意しなければなりません。ロキソニンにしてもバファリンにしても、あくまでもこれは「痛みを緩和させてくれる働きが期待できるもの」という認識であり、決して根本的な解決には繋がりません。

もちろんほとんどの方はそれを理解できているはずなのですが、なかには「痛みが治まった」ということを「症状が治まった」と勘違いしてしまう方もいるようです。これはもちろん大きな間違い。痛風はそれだけで治ってしまう都合のいい症状ではありません。

むしろ痛みが治まってきたからこそ、すぐさま病院で診てもらうべきです。あくまでも体に痛みを誤摩化しているにすぎない、いわばその状況はまやかしに過ぎないのです。どうしても痛みを抑えなければならない、そういう時に使う薬だからこそ使用したあとは速やかに医療機関へ足を運ぶということを自分のなかできちんと理解し、そのうえで使うようにしましょう。

「適切な範囲」は指示されている範囲のなかで

また、どうしても薬を使用してすぐに医師に診てもらえない場合は再度薬を飲まなければならない時もあるでしょう。痛み止めが切れてしまってからでは遅いから、と追加して飲む場合は一回目よりも注意が必要になります。

なぜなら、過剰な摂取はからだにとって大きく負担をかけてしまいかねないからです。痛みに弱い方はついつい短い間隔で飲んでしまいがちですが、薬には必ず服用の間隔というものが指示されているはずです。薬の持続する効果やさまざまなものを考慮して、5〜7時間を大体の目安として考えるのがおすすめなようです。

もちろん、飲む前にきちんと考えてから飲む方が安心ですのでただ目の前の痛みを取り除くために安易に使用してしまわないようにしましょう。薬も何度も飲めばからだにとって毒となってしまうこともあります。

よく効くものだからこそより注意を、痛みに対して色んな意味で鈍感になってしまわないこと。からだに起こる痛みや異常は、何か異変が起こっているという重要なサインでもあります。それがどんなものであるかを医師に正確に伝えるためにも、きちんとそれを理解した上で使用するようにしましょう。

あくまでも鎮痛薬は一時的なもの!体をしっかり改善させよう

また痛みが起こっている患部には湿布や冷却シートなどを貼り、冷やしてあげるといいでしょう。心臓の位置より患部を高くすることでも痛みはやわらぎますので是非試してみてください。しかしあくまでもこれらは応急処置でしかありません。早めに診察を受けることをおすすめします。

鎮痛薬はいずれも一時しのぎでしかありませんので、必ず適切な治療を受けることを忘れないようにしましょう。痛風はそのまま放っておけばなおるものではありませんし、ロキソニンを飲み続けていればいいものではありません。必ず尿酸値を下げるために薬を飲むなど、正しい処置を行うようにしましょう。痛風は誰にでも起こる可能性があるものです。日頃から栄養バランスのとれた食事を心がけるなど、気をつけていきましょう。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.