1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる喫煙者は痛風になりにくいって本当?タバコのリスクと尿酸値の関係とは

喫煙者は痛風になりにくいって本当?タバコのリスクと尿酸値の関係とは

喫煙者は痛風になりにくいって本当?タバコのリスクと尿酸値の関係とは

痛風とタバコの関係は?気になるリスクについて

こんな意外な話を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?「喫煙者には痛風患者は少ない」というとあるデータについて。喫煙者の方にとってはまさに朗報!と思われる方もいるかもしれませんが、現在この因果関係については研究段階であり明確な理由と答えはハッキリ出ていません。ただしひとついえることは、喫煙者の方に痩せている人が多いこと。これが特徴としてあげられていました。今後まだ研究は続いていきますが、あらたな痛風に関する情報として非常に期待したいところです。

しかし現段階においてはタバコは痛風の予防に役立つものではありません。むしろデメリットとしてあげられることも多いため、積極的にタバコを吸うことをおすすめはできないでしょう。なぜならタバコを吸うことで血流を悪化させ、尿酸を結晶化させやすくすることも考えられるからです。

尿酸を溜め込むとどんどん結晶化していきやすくなる

血流が悪くなることは尿酸の結晶化を促進するだけでなく、様々な生活習慣病とも関わってきます。血流が良くなることで様々な症状が改善されますが、悪くなることでよくなるようなものは何一つありません。痛風にならないためにも意識的に血行を良くしておくのがいいので、できるだけタバコは吸わない方が体のためを思えばいいのではないかと考えられています。意外なところに因果関係が存在することもありますので、常に健康に対して敏感になるクセをつけるのがいいでしょう。

© 2019 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.