1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる 食事ビール以外のアルコールなら痛風にならないというのは大間違い

ビール以外のアルコールなら痛風にならないというのは大間違い

胸の前でバツをつくるサラリーマン

ビールだけが痛風の原因じゃない!原因は他のアルコールにも

毎晩お酒を飲んで一日の憂さ晴らし、この一杯のために仕事を頑張ってるんだ!という方もきっと多いでしょう。適量のお酒には血行を良くする効果や、ストレスを解消させたり心をリラックスさせる効果もあるため、量さえ守っていれば多少のお酒は体のためにも良いと言われています。

しかしこの適量を守れず毎日浴びるほどお酒を飲めば、肝臓に負担をかけてしまいますし、おつまみなども大量に食べると肥満の原因となる場合もあります。そして最近、多くの方を悩ませている現代を象徴する病の一つ「痛風」も、ビールやアルコールの飲みすぎが大きく関わっていると言われています。

特にビールは尿酸値を上げるプリン体を多く含んでいるため、痛風の原因となる飲み物の代表格としてもよく取り上げられます。しかし、実はこのビールだけがプリン体を含んでいるというわけではありません。その他のアルコールにもプリン体は含まれますし、あくまでもビールが一番プリン体を多く含んでいるというのが正しい見方です。

ですから「ビール以外の飲み物ならプリン体もそれほど多くない」と言ってたくさん飲めばどうでしょうか。内蔵へももちろん負担がかかりますし、その分お酒と一緒につまみをたくさん食べればどんどん尿酸値は上昇しやすくなります。お酒のつまみには尿酸を上げるものも多いため、単純にアルコールだけが原因というわけではなく、アルコールと一緒に食べるつまみが尿酸値を上げる要因となることも多いのです。

痛風の原因は含まれているプリン体の量だけではない

一説によると、尿酸値が上がりやすいのは食材だけでなく体質によるものも多い、というものがあります。つまり遺伝的なもの、もともと持っている自身の体質によって尿酸値が上がりやすい人というのはどうしてもあるのです。

そればかりは基本的に持って生まれたものですから、今から変えるというのは難しい話です。一般的な方に比べてより一層食べるものに気を配らなければならない、食べ方やアルコールの摂り方を工夫するなど、そういった行動が必要となる場合もあります。

世の中のイメージですと、どうしてもビール=プリン体を多く含むものであり、ビールを多く飲めば痛風になる確率も上がると思いがちです。ですが先ほども言ったように、ビール以外のアルコールでも痛風になる確率は一緒です。結局はプリン体を含んでいる量がどうかというよりも、アルコールを摂取する量よって大きく左右されるのです。

アルコールによる尿酸値の上昇を抑えたいと考えるのであれば、ビールなら500ml、日本酒なら1合を目安として飲むことを心がけるようにしましょう。また一週間のうちに2日以上は休肝日を設けることも大切です。そうやって体を労りながらアルコールを楽しむ習慣を身につけることで、尿酸値が上がることを防げるだけでなく、健康を維持することにも繋がっていくのです。

ビールのせいだと決めつけない

痛風というとビールのせいだとか、アルコールが大きな原因であるというイメージが強いようです。しかし決してそれだけでなく、アルコールと一緒に食べるつまみが原因であったり、それぞれの方の体質にもよるものである、というのを考慮して考えると一概にアルコールだけのせいだとは言えません。

ですからビール以外の飲み物は大丈夫、ではなく自分の体をまずはきちんと知ること。そこから始めるのがまず一歩目です。お酒や食べ物と正しく向き合いながら健康的な生活を心がけること、これが痛風を予防し改善することへと繋がっていきます。体を労りながら上手に付き合っていくことを考えてみましょう。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.