1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる 食事痛風といえばビール!尿酸値が気になるならプリン体0がお勧め

痛風といえばビール!尿酸値が気になるならプリン体0がお勧め

ジョッキに入ったビールの画像

尿酸値が気になるならアルコールは飲んじゃダメ?

痛風の発作が起こるのは、尿酸値の上昇によって尿酸が体内に多く留まり、それらが結晶化することによって激しい痛みが発生するためです。白血球が体内に異物があるとみなして闘うために起こる、体を守るための働きですから当然と言えば当然ですが、実際にはかなり強い痛みが起こるため、できるだけ避けたい事態ではあります。

そしてその痛風と深く関係ある尿酸値は、日常の食事が数値を左右していると言われています。もちろん個人の体質によるものもありますが、尿酸値を上げやすい食材を多く摂っていればそれだけ尿酸が上がり、痛風になる確率も上がります。

尿酸値を上げるもののひとつとして挙げられるのがアルコールですが、これはアルコールが体内に入り分解される際、尿酸が作られていることがまずひとつ。そしてその尿酸が体内に蓄積されるよう後押しするため、アルコールが痛風とも大きく関わっていると言われるのです。

そしてそのアルコール飲料には尿酸のもととなる「プリン体」が含まれていることが原因になると言われています。アルコールは分解、代謝と体内で働きかけていく過程で尿酸値も一緒に上昇します。ですからプリン体を多く含んだアルコールのひとつとしてもあげられるビールは、できるだけ痛風を予防・改善するために避けた方がいいと言われているのです。

アルコールを完璧に断つ必要なし!プリン体0など上手に選んで

最近は痛風の発作が起きる年齢も年々低くなりつつあります。そのため、かなり健康志向の食品やビールが増えてきており、なかでも痛風患者や痛風予防を意識している方におすすめなのが「プリン体0のビール」です。

通常ビールなどアルコールを飲んだ際は肝臓で分解する働きが起こるわけですが、その時に必ず尿酸は生成されます。そしてさらにビールなどに含まれるプリン体が含まれていれば、その分尿酸の元となるものがプラスされて尿酸値上昇を促してしまうことに繋がります。しかしプリン体0のビールの場合はこのプリン体がないわけですから、その分の上昇を限りなく抑えてくれるというわけです。

ただし注意したいのが、あくまでもプリン体ゼロというのは「そのビールにプリン体が含まれていない」というだけであって、今の尿酸値を下げてくれたりだとかそういった働きは持っていません。アルコールを飲めば尿酸が発生するのは体の仕組みとして当然ですから、プリン体ゼロを理由に大量にビールを飲んでいいと言う理由にはならないということは忘れないようにしましょう。

あくまでもプリン体ゼロのビールを飲むことで必要以上に尿酸が上がることを抑える効果がある、というのが大きな働きです。くれぐれも一日の適量を守って、肝臓に負担をかけないよう晩酌を楽しむことが前提です。

体のことを考えたおつまみ選びも重要

またビールと一緒に焼肉、モツ料理などといきたいところですが、これらはすべて尿酸値を上げることに繋がってしまいます。ビールをプリン体ゼロにすることも大切ですが、一緒に食べるおつまみなどもできるだけ尿酸値を下げる食材を選ぶなど、ちょっとした工夫をしてみましょう。そういった日々の積み重ねこそが、痛風と無縁の生活を送るために大切になるのです。

ビールはプリン体ゼロ、おつまみは尿酸値を下げる食材。毎日お酒をたくさん飲んで好きなものを食べている方には少々辛いかもしれませんが、自分の体を守ることも大切です。できるだけ元気に、健康な毎日を送ろうとお思いの方は是非こういった日々の積み重ねを大切にしてください。この毎日の行動こそが、あの恐ろしい痛風を避けることに繋がっていくのですから。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.