1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる 食事揚げ物で尿酸値は上昇する!食事は「焼く」「煮る」をメインに

揚げ物で尿酸値は上昇する!食事は「焼く」「煮る」をメインに

串揚げがたくさんお皿に乗っていいる

調理の仕方でも変わる!痛風の予防には「焼く・煮る」がいい

痛風の予防や改善において非常に重要となるのが食事です。食材のなかでも尿酸値を上げるものと下げるものに分けることができますが、そこから更に「調理法」にもこだわることが大切です。

いくら尿酸値を下げる食材を選んでいたとしても、天ぷらにしたり脂っこい調理法にしてしまってはあまり意味がありません。例えば天ぷらなどには小麦粉や炭水化物を使うものも多く、これらは糖へと変化し、摂りすぎると体内で不要なものとして留まってしまう場合があります。

血流も悪化することへ繋がり、尿酸値を上げる悪循環の手助けをしてしまう可能性があるのです。そういったことを避けるためにも、調理法は揚げ物は避けて「焼く・煮る」にするのが賢明です。

できるだけヘルシーなメニューを選ぶようにする

毎日同じものを食べると飽きてしまうのは当然ですから、栄養バランスを考えつつできるだけヘルシーなメニューを選択するようにするだけでも変わってきます。絶対に食べてはいけない、ではなく量を控えるようにする、食べる頻度を今まで減らすなど、そういったちょっとした工夫が痛風の予防や改善に繋がっていくのです。

どうしてもコンビニ弁当や外食中心になると揚げ物や、脂っこい料理を食べてしまいがちです。できるだけそういったものには気をつけて、料理は「焼く・煮る」で調理されたものを選びましょう。尿酸のコントロールはとても重要です。

調味料の使い方でバリエーションは豊かに

焼くと煮るはとてもシンプルな調理方法であるがゆえに、そのメニューは限られていると思われがちです。いいえ、それは大きな間違い。このシンプルな調理方法を使うだけでもさまざまな料理を楽しむことは可能です。

たとえば調味料一つ変えるだけでも味に大きな変化を与えることが出来ます。使う出汁によっても和風・洋風・中華風といったように色んな楽しみ方があるのです。尿酸値を下げるためにはさまざまな制限をかけられてしまうこともありますが、あくまでも選択できる範囲が少し狭くなっただけであって、調理方法はさまざまなものがあります。心配する必要はありませんよ。

料理をバリエーション豊かにするためには、まず調味料をいくつか揃えておくことをおすすめします。たとえば先ほどもいったように出汁は重要です。こちらもあまり多く使いすぎるとプリン体の心配がありますが、最低限の範囲であれば全く問題ありません。

和風だし、コンソメだし、鶏ガラだしと揃えておくだけでも多くの料理に活用することができます。醤油や味噌など発酵食品を使うことで、より健康を意識したメニューにもなりますので可能な範囲で揃えておくことをおすすめします。

© 2019 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.