1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる 食事料理の昧つけは薄味に!塩分のとりすぎには要注意

料理の昧つけは薄味に!塩分のとりすぎには要注意

シンプルな和定食の画像

濃い味付けに注意!塩分の摂りすぎは健康の妨げに

痛風の症状を抱えている方はただ尿酸値が高いだけでなく、様々な病気の合併症が起こる危険性が高いと考えられています。それを防ぐためには毎日健康的な生活を送ること、なかでも食生活に気をつけることが重要となります。塩分の摂りすぎは多くの方がご存知のように、高血圧の原因となることがあります。

高血圧は動脈硬化など、命に関わるものの引き金となる場合が多く、決して軽視していいことではありません。尿酸値が高い方の場合はこういった生活習慣病のリスクも高いため、日頃から意識して塩分の摂取を控えるようにするのがおすすめです。

どういったものに塩分が多く含まれているのか

一般的にどういったものが塩分を多く含むものなのかというと、例えば日本人にとって馴染みのある和食のなかでも、みそ汁などは塩分が高いものという指摘があります。普通に飲む分にはほぼ問題はありませんが、気になる方は塩分控えめの味噌を選ぶようにするなど使用する食材を工夫してみるのがいいでしょう。

他にも加工された食品などは塩分を多く含むものが多いので注意が必要です。まずはその食材の成分表をチェックするクセを付け、塩分が多いものは使用頻度を減らすなどしてできるだけ塩分を抑えた食生活を心がけるようにしましょう。塩分を減らしても美味しく出来る調理法はいくらでもあります。まずは今食べているものを見直して、そこから新たに献立を考えてみましょう。

© 2019 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.