1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる 食事尿酸値を下げるならプリン体だけじゃなくカロリーも制限しよう

尿酸値を下げるならプリン体だけじゃなくカロリーも制限しよう

豪華な料理の画像

尿酸値を下げるならプリン体を制限しなくては、と思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、プリン体制限だけが尿酸値を下げるのではなく、カロリー制限も尿酸値に大きく影響するのです。今回は尿酸値を下げるカロリー制限について解説します。

尿酸値に関係するのはカロリー?

少し前までは尿酸値を下げるといえば、プリン体の多いレバー等の摂取を控えるというのが常識でした。しかし、最近になって尿酸値は体重と密接に関係している、いわばカロリー摂取によって体重とともに増えていくことが分かったのです。同時に、尿酸値を上げるとされていたプリン体は、そのほとんどが体内で作られているため食品からの摂取では大きく影響しないことも分かりました。

このことから、尿酸値を下げるためにはカロリー制限が必要になると言えるでしょう。今までプリン体の摂取を控えてきたのに一向に尿酸値が下がらないという人は、おそらくカロリー制限が足りていないのが原因でしょう。

暴飲暴食を控えてカロリー制限

では、どうやってカロリー制限すればいいのかと言えば、これは簡単なことです。暴飲暴食を控えて適量の食事に切り替えればいいのです。とは言っても、急に食生活を変えろと言われても大変だと思うので、まずは脂っこいものを少し控えるようにしてみましょう。

やはり肉類や魚類はカロリーが高めになっていますし、プリン体も多く含んでいるので控えた方が無難です。ご飯やパンはエネルギーに変換される大切な食品ですが、食べ過ぎてしまえば体重を増やすことになり、尿酸値も上がってしまうので、これも控えておきましょう。

そして、注意しなければならないのがアルコールも摂取を控えるということです。ビールには多くのプリン体が含まれているので控えるのは当然ですが、プリン体の含まれていないアルコールであっても尿酸値への影響があり、痛風のリスクを上げることが分かっています。飲みすぎには警戒してほどほどのところで切り上げるようにしてください。

食前は野菜と炭酸水

カロリー制限において大切なのは、とにかく食べる量を減らすということです。カロリーの少ない食品でも、食べ過ぎてしまえばそれだけカロリーは体に吸収されていくのですから意味がありません。そこで、食べ過ぎる癖がある人は食前に野菜を食べるように心がけましょう。お皿いっぱいのキャベツを食前に食べるだけで満腹感が増し、食事の量を抑えられると言われています。

ただ、外食だと野菜をいちいち注文するのも面倒でしょう。そんな人はコンビニでも買える炭酸水を使うのもおすすめです。炭酸水はお腹の中が炭酸で膨れるため、食前に飲んでおけば食事の量を減らすことができます。味気ないので最初は抵抗あるかもしれませんが、慣れてしまえば大丈夫です。

カロリー制限のお供に黒酢サプリ

カロリー制限のために服用するサプリには様々な種類がありますが、おすすめとしては黒酢サプリでしょう。黒酢サプリは直接カロリー制限をするというよりも、カロリー摂取後の代謝をアップさせてくれるため、効率よく脂肪燃焼をすることができ、少しなら多めにカロリーを摂取しても平気です。

そして何よりも、黒酢は酢酸と呼ばれる成分を大量に含んでおり、これが体内に入るとクエン酸に変化して尿酸値を下げてくれます。しかも、尿酸値が高いことで発症する尿路結石も予防してくれるので、尿酸値が高くて尿路結石の痛みに怯えている人にもおすすめです。

尿酸値を下げるにはカロリー制限も大切ですが、それだけでは足りないと感じたなら、カロリー制限をしつつ黒酢サプリを飲むようにしてみると良いでしょう。尿酸値を下げるだけではなく、肝機能向上、冷え改善、といった素晴らしい効果も持っています。

© 2019 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.