1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる 食事コレに気を付けたい!痛風対策の食事で駄目な食べ物まとめ

コレに気を付けたい!痛風対策の食事で駄目な食べ物まとめ

カレーライスの画像

思いだしただけで鬱になりそうな、つらい痛風もちの人は、おそらく食べ物に気を使っていることでしょう。そんな人も、まだ見逃しがあるかもしれませんので、ここらで食べていけないものを再確認しておきませんか。もちろん、まだ食べ物に気を使っていない人は、これを読んで食べたらダメなものを知っておきましょう。

カレー

ついつい料理をする気にならない日なんかはカレーにしてしまいがちですよね。しかし、そんなカレーは痛風を悪化させる原因となりうるのです。そもそも痛風の原因とは尿酸値が高いこと。この尿酸値の原因はといえば、最近カットされたビールをよく目にするプリン体となります。

カレーには、まさにこのプリン体が大量に含まれているため、痛風を悪化させてしまう恐れがあるのです。特にルーはカロリーも高ければプリン体も多め、ご飯に対してルーを多めにしている人は注意が必要でしょう。

さらに厄介なのが、プリン体は煮込むと溶け出すということです。そのせいで、いくら具材を避けたところでプリン体の摂取を抑えることはできず、ルーと具材のプリン体を同時に摂り入れてしまうことになるでしょう。こういった理由があるため、痛風を悪化させたくない人はカレー自体を避けておくか、せめて具材はプリン体の少ないものを選んでみてください。

肉類

牛肉や豚肉、鶏肉といった肉類にも痛風を悪化させる要素があるので、食べる際には注意が必要です。理由としてはカレーと同じようにプリン体を多く含んでおり、カロリーも多めというところ。特に肉類は脂質も多く、食べ過ぎれば肥満の原因ともなるでしょう。

この肥満というのも痛風にはよくありません。実際に痛風患者の多くは肥満といわれており、これは肥満になると腎臓が上手く機能できなくなり、尿の排泄が少なくなることが原因だとされています。ようは尿で尿酸を外に出せなくなるので、痛風の原因である尿酸値が高くなるわけです。

これに加えて肉類が尿を酸性化させてしまうのも問題でしょう。尿というのは人によってアルカリ性であったり、酸性であったりします。これは食生活によって左右されるもので、尿酸はアルカリ性に溶けやすく、酸性に溶けにくいという性質を持っているのです。

そのため、尿が肉類で酸性化してしまうと、尿酸が尿にとけません。これが何を意味するかといえば、1回の尿で排泄できる尿酸が減ってしまうということ。これによって当然、体内の尿酸値が上昇し、痛風は悪化します。

ただ、肉類を食べない生活というのも辛いので、家で調理する機会がある人は茹でて食べるようにしてみましょう。そうすればプリン体が溶けだすのでカットすることが出来ます。ただ、プリン体が消えたわけでは無いので、茹でた汁は捨てて下さい。

外食派の人は、しゃぶしゃぶにするといいかもしれません。ちなみに、レバーなどの臓器はプリン体の塊を食べているようなものですので、これだけは避けておきましょう。

一部の魚介類

魚は痛風対策に食べることを推奨されるくらい、尿酸値を下げるのに効果的な食べ物なのですが、同じ魚介類でもイカやカニ、それにエビなども避けておくといいでしょう。これらはプリン体の含有量が魚介類の中でも多いのです。特にイカは昔からプリン体が多いと言われているので、注意しておきましょう。

ウニやいくら、すじこなどもプリン体が多く、それでいてカロリーも高めですので、同様に注意が必要になります。これらはあまり噛まなくていいので、つい量を食べてしまいがちなところも危険です。同じ魚介類ではあるものの、マグロやカツオにはアンセリンと呼ばれる尿酸値を下げてくれる成分が含まれているので、痛風対策の食事を考えている人はぜひ食べてみましょう。

お酒のつまみ類には注意が必要です

こちらは先ほどもあげた一部の魚介類にも少し内容が被ってしまうのですが、一般的にお酒に合う「おつまみ類」には注意が必要です。お酒に合うといえばやはり味つけが濃いめのもの、塩分が強めのものがあげられます。

たとえばイカのするめや干物は美味しくお酒によく合うのですが、その分プリン体も多く含んでいるという特徴があります。アンコウの肝、白子、煮干しといった定番ものもの食べ過ぎてしまうと悪化させてしまう可能性は否定できません。

もちろん絶対に食べてはいけないというわけではありませんが、からだのことを思うのであればごく少量にしておくなど極力控えておく方が安心です。こういったものがお好きな方にとっては少し酷かもしれませんが、適度な量を楽しむという自制心がある程度必要になる、ということだけは覚えておいてください。

ついつい食がすすみやすいもの、お酒がすすみやすいものはそれだけの理由があるのです。美味しいものを満足するまで食べることは悪いことではありません。しかしからだに何かしらの影響が及ぶまでそれをすることはいいこととは言えないはずです。自分の体に大きな影響を与えてしまう前に、その量には気をつけましょう。

健康的な食生活とは?

ここまでお話してきたなかで、日常的に美味しい!と感じる何気ないものが痛風にはあまりいい影響を与えないこともわかりました。あれもだめ、これもだめというわけではありませんが、毎日の食事によって健康は左右されやすい可能性がある以上はある程度気をつけながら食事をするべきです。

具体的にどういうものがいいのか分からないという場合は思い切って医師に相談してみるなど、正しい指導を受けることも大切です。インターネットの情報は必ずしもすべてが正確であるとは限りません。だからこそできるだけ信頼できるところで情報収集すること、自分にとって必要であるか不要であるかを見極めようとする姿勢を常に持ち続けなければならないのです。

基本的には日本人の体に合う食事としては和食が挙げられます。和食といっても先ほどあげたように、一部の魚介類などは尿酸値へ影響を及ぼす可能性があるなど、心配な側面も持ち合わせています。

そういったものにも気をつけながら献立をたてるようにすること。味つけは濃くなるほどご飯がすすみやすくなったり、お酒がすすみやすくなります。それを避けるためにもやや薄めを意識するといいでしょう。

© 2019 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.