1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる 食事わかめやひじきで痛風対策!海藻類が効果的なワケとは

わかめやひじきで痛風対策!海藻類が効果的なワケとは

ひじきの煮物の画像

わかめやひじき等、いわゆる海藻類で痛風対策をしませんか。海藻類に含まれた数々の成分が痛風の原因である尿酸値を下げてくれると言われているので、効果の理由を見ていきましょう。

海藻類が痛風に効果的

痛風対策のために必要なのは尿酸値を下げることですが、残念なことに痛風が引き起こされるほど尿酸値の高い人は既に尿が酸性になっているため、尿酸が思いのほか尿に溶けにくく、上手く尿酸を排泄することができません。そのため、本来であれば体外で出ていくはずの尿酸は体内に蓄積し、痛風を初めとした病気になってしまうのです。この対策として、まずは尿をアルカリ性にしてあげることが重要です。

では、どうやってアルカリ性にすればいいのかといえば、アルカリ性の食品を食べる。こんな単純な話になります。そんなアルカリ性の食品というのが、ようは海藻類なのです。様々な食品の中でも海藻類は特に尿をアルカリ性にする力が強く、尿酸を溶かして排泄してくれます。

海藻類はヘルシー

海藻類は尿酸の排泄をしてくれるうえに、とてもヘルシーな食材として有名です。尿酸の材料となるプリン体をほとんど含んでいませんし、カロリーもかなり低め。そのため、痛風対策で食事制限をしている人でも大量に食べることができます。それに、海藻類はビタミンやミネラルも豊富。痛風対策をしている人にこそ、たくさん食べてほしい食品です。ただ、調味料をかけすぎるとせっかくのヘルシーさが台無しになるので、ほどほどにしておきましょう。

© 2019 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.