1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる 食事痛風にオススメなのは麦茶?!対策になるお茶まとめ

痛風にオススメなのは麦茶?!対策になるお茶まとめ

グラスに入った麦茶

痛風の予防や対策をするなら水分をたくさん摂取することが重要になります。これは純粋な水でもいいのですが、含有されている成分が痛風対策となるお茶なら、なおのこと効果的。今回はそんな痛風対策となるお茶をいくつかご紹介していきましょう。

麦茶

痛風には麦茶と言われるほど、麦茶は痛風には効果的な飲み物。何故かというと、麦茶には利尿効果があるからです。利尿効果によってトイレに行く回数が増えるということは、それだけおしっこの排泄が盛んになるということ。おしっこは生理現象なので、普段何も考えずにしていると思いますが、実はおしっこには体の余分な老廃物を排泄するという大切な役割があるのです。そのため、おしっこは体の悪いもの、不要な栄養素や尿酸を大量に含んでいます。

この尿酸というのが実は痛風には大きな関わりを持っており、尿酸が体内で増えるほどに痛風のリスクは高くなるのです。そんな尿酸をトイレに行くたびに排泄できるわけですから、当然ながら痛風のリスクも下がることになるでしょう。

さらに、麦茶はピラジン類と呼ばれる成分を含んでいます。これは体内にある血管に作用し、血栓の予防をしてくれる成分。これによって血流が改善されるのです。

痛風になるくらい尿酸を多く持っている状態の場合、それによって動脈硬化を発症することもあるので、利尿と共に持っている効果として、これ以上嬉しいものはありません。麦茶は基本的にノンカフェインなので、お年寄りやお子様、妊婦さんの痛風対策にもうってつけでしょう。

緑茶

日本人ならば麦茶と同様、もしくはそれ以上の親しみを持っている緑茶。これにも痛風対策となる成分があります。それは、緑茶の渋みを作ってくれているカテキンです。カテキンは癌への対策効果が有名ですが、それ以外も様々な作用をもたらしてくれます。代表的なものをあげてみると、血圧の低下、コレステロール抑制、血糖値上昇を抑制、老化防止といったところでしょう。

これらを見てみると、カテキンにはコレステロールを抑えたり、血糖値を抑えたり、肥満を対策してくれる効果の多いことが分かります。実は痛風を持っている患者の多くは同時に肥満も持っているのです。これは肥満が進行することによって、脂肪が腎臓の働きを低下させる物質を分泌。そのためにおしっこで尿酸を排泄出来なくなることに関係していると思われます。

生活習慣病のひとつでもある肥満を防いでくれるカテキンは、痛風も同時に予防してくれていたのです。これと同時に緑茶に含まれるカフェインは利尿効果を持っているので、尿酸の排泄を促してくれます。ただ、カフェインは人によって、摂取するのがデメリットになる可能性もあるので、妊婦さんやお子さんは少しにするか、麦茶に切り替えるなどで対処するといいでしょう。

烏龍茶

烏龍茶にも緑茶同様、カフェインによる利尿効果がありますので、痛風を対策するにはぴったりでしょう。さらに、烏龍茶は脂肪の吸収を抑える成分や、食物繊維が含まれていますので、肥満の対策となり、これも痛風対策に繋がります。最近はテレビCMなどで烏龍茶が脂肪の吸収を抑えてくれると言っているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

これに加えて烏龍茶のポリフェノールは美容効果を持っているため、痛風予防のおまけに美肌まで手に入れることが出来るかもしれません。ただ、先ほども言ったようにカフェインの摂取には気を配る必要があります。その点だけは注意しておきましょう。

どのお茶にも共通して言えることなのですが、そればかりを飲むと成分の過剰摂取となる可能性があります。ですので、一般的な水と併用して飲むなどの工夫をしながら、上手く活用してみてください。

上手な水分補給の仕方は?

いずれも体にとっていい飲み物であることが分かりましたが、それぞれ痛風の症状を緩和させるために効率の良い飲み方があるのかなど、色々気になることも多いのではないでしょうか。結論からいうと、それほど難しく考える必要はありません。コツとしては「こまめな水分補給を意識する」ということです。

一時間ごとに100mlを意識する

水分をこまめにとる、ということが具体的にイメージできない方も多いかもしれません。そこで提案したいのが、一時間ごとに100mlの水分を摂る、というペースです。なんだたったそれだけのことか、と思われるかもしれませんが、多くの方はできていない場合が殆ど。仕事柄ずっとコンスタントに水を飲み続けるのが難しいということもあるでしょう。

しかし、理想的な水分補給としてはこのタイミングがおすすめなのです。なぜなら人の身体においては、その量が一番からだのめぐりを良くする間隔だからです。まとめて500ml飲めばいいや、ではなく、できるだけこの間隔を意識して水分をとることをおすすめします。慣れないうちは難しく感じられるかもしれませんが、習慣になるとそれが普通になるので心配する必要はありません。

飲みすぎには注意しよう

痛風に関しては水分をしっかり補給することが大切とも言われています。2リットル程度を目安に飲むこと、ともいわれているように、普段よりもたくさん飲まなければならない方も多いでしょう。

しかしだからといって過剰な水分補給はかえって身体に悪影響をおよぼしかねないため注意が必要です。むくみを引き起こしやすくなるだけでなく、水の飲みすぎによって起こる身体の不調も懸念されます。適切な量を守るということが一番ベストである、ということをよく覚えておいてください。

こまめな水分補給を行うためには手頃なサイズの水筒にお茶を入れておくといいでしょう。麦茶がおすすめですが、たまには違う種類のお茶を飲んでみると水分補給も楽しくなるかもしれません。さきほどもいったように、過剰摂取の原因をつくらないためにも、色んなお茶を飲むようにするという工夫も必要になるのです。

痛風は一度発症すると完治すること自体が難しい病気です。ですが正しい対処を行うことで、その症状を緩和させることは十分可能です。正しい水分補給の方法を覚え、美味しくお茶を飲み続けてみましょう。あまり考えすぎないことも大切なのですから。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.