1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる 食事青汁にはプリン体が多い?実は尿酸値を下げる効果がアリ

青汁にはプリン体が多い?実は尿酸値を下げる効果がアリ

青汁にはプリン体が多い?実は尿酸値を下げる効果がアリ

青汁に隠された秘密!実は「尿酸値に効果あり」

痛風の大敵と言えばやはり「尿酸」でしょう。尿酸値が高くなると、増えた尿酸は結晶化してしまい、関節に炎症を起こしてしまいます。これこそが痛風の発作が起きるメカニズムなのですが、これを防ぐためにはやはり尿酸値を上げすぎないよう工夫することが大切になります。そしてこの尿酸に大きく関わっているとされているのが「プリン体」最近はビールなどでも、プリン体ゼロなどとうたった商品がたくさん販売されているので、耳にしたことがあるという方も多いでしょう。

このプリン体とは殆どの食べ物に含まれているもので、人間の体内でも生成される物質のひとつです。いわゆる旨味成分とも呼ばれているもので、美味しい!と感じる所にはほぼ必ずこのプリン体が存在していると言われています。通常の場合ですと、このプリン体も分解されることで尿酸となり、排泄によって外に出されます。しかし過剰に摂取しすぎると尿酸を増やすことに繋がり、痛風のきっかけをつくってしまう可能性があるのです。

そんなプリン体ですが、実は健康食品としても人気のある「青汁」にも含まれていることが分かっています。痛風を予防するためにはプリン体を避けなければならない、つまり青汁も控えた方がいいの?と思うかもしれませんが、実はそれは間違い。青汁は痛風を予防することができる、オススメの健康食品なのです!なぜ青汁がおすすめなのか、それは青汁が「尿酸値に働きかけてくれる」のが大きな理由だからです。

毎日青汁を摂取すれば栄養バランスの改善にも役立ってくれる

まず痛風というのは、普通に健康な食生活を送っている方にとっては無縁のものです。痛風になりやすい方の食生活と言えばビールなどのアルコールを大量に飲む機会がある方、脂っこい食事や甘いものなどを食べる機会が多い方、このように栄養バランスが乱れていたり偏った食生活を送っているパターンです。痛風に限らずですが、健康を維持するためにはやはりビタミンやミネラルが豊富な野菜など色んな食材をまんべんなく食べることが大切。そこで役立ってくれるのが青汁というわけです。

青汁にはビタミンやカルシウム、葉酸やカリウムなど、尿酸値を下げるために効果的な栄養がたっぷりと含まれています。確かに青汁にもプリン体は含まれていますが、その量はビールなどアルコール類と比べれば断然少なく、寧ろ摂取することでとれる栄養の方が遥かに大きなメリットを与えてくれるのです。ですから痛風にとってよくないもの、というよりも、痛風の改善や痛風を予防したいと思っている方は積極的に摂取をおすすめしたいものなのです。

ポイントとしては、青汁はできるだけ自然由来の体に優しいものを選ぶことです。大麦若葉やケールなどシンプルな青汁がとくにおすすめ。飲みやすいようにと糖質などが含まれているものはあまりおすすめできませんので、購入の際は成分表をしっかりチェックするようにしましょう。

健康な毎日を送るためにも是非「青汁」を

青汁は痛風予防にはもちろん、ダイエットや健康維持のためにも非常に役立ってくれる栄養サポート食品です。毎日の食生活でどうしても不足しがちな栄養も、青汁を飲むことで補うことができます。ある程度栄養バランスを考えつつ青汁を毎日飲む、これだけで健康な体づくりに役立てることができます。

さっきも言ったように痛風は日頃の食生活が大きく関わってきます。まずは今の食生活を見直すことからはじめ、できるだけ栄養バランスを考えた食事に切り替えていきましょう。痛風は一度発症するとそう簡単には治ってくれません。今からすぐにできることを始めていきましょう。

© 2019 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.