1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる 食事野菜選びの落とし穴!高プリン体野菜に気を付けて尿酸値対策をしよう

野菜選びの落とし穴!高プリン体野菜に気を付けて尿酸値対策をしよう

野菜選びの落とし穴!高プリン体野菜に気を付けて尿酸値対策をしよう

野菜なら何でもいいは大間違い?「高プリン体野菜」とは

健康のためには野菜をたくさん食べること、これは特別知識がなくとも誰でも分かることです。特に緑黄色野菜は健康づくりにも欠かせない栄養がたっぷり入っているので、積極的に食べるよう指導されることが殆どです。しかしどの野菜もとにかく何でも食べればいいのか、といえば実はそうではないのです。

例えば現代になって患者の数が増えているといわれる「痛風」は、予防するために尿酸値を上げすぎないことが指摘されています。この尿酸値を上げるもととなるのがプリン体ですが、実は野菜にもプリン体が含まれていることをご存知でしょうか。健康のためにたくさん野菜を食べていたら尿酸が上がってしまった、という可能性も実は否定できないのです。ではいわゆる「高プリン体野菜」にはどんなものが挙げられるのでしょうか。

上手に組み合わせることで問題なく食べることができる

例えばほうれん草やブロッコリー、きのこ類は一般的に「高プリン体野菜」に分類されます。とはいうものの、アルコール類に比べればそれほどすごい量ではありませんので、あくまでも食べ過ぎに注意する程度でいいでしょう。また、プリン体を多く含む野菜でも組み合わせ次第でプリン体の吸収を抑えることができます。ほうれん草の場合は小魚と一緒に食べるのがおすすめ。上手に組み合わせれば、健康維持にもつながるので是非やってみてください。偏って食べるのではなく、満遍なく食べることを意識しましょう!

© 2019 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.