1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる 食事みかんを食べて痛風対策!尿酸値が下がる作用の秘密とは

みかんを食べて痛風対策!尿酸値が下がる作用の秘密とは

みかんを食べて痛風対策!尿酸値が下がる作用の秘密とは

みかんが痛風対策に?「尿酸値を下げる」その理由は?

痛風にはとにかくプリン体を含むものを摂取するな、アルコールを控えろ、など「口にしてはいけない」と注意を促されることが殆どです。確かにどれも痛風にはよくないことですので控えること自体は間違いではありません。しかし、あえてこちらから「尿酸値をコントロールしよう」とすることも時には必要です。

実は日本人にとっても馴染みの深い果物のひとつ「みかん」が尿酸値を下げてくれる効果を持っていることが、最近の研究により分かってきました。みかんのなかでも冬ミカンである「温州みかん」にはβ-クリプトキサンチンという成分が含まれているのですが、この成分に血液中の尿酸値を下げてくれる働きがあることが分かったのです。

尿酸値が気になったらみかんを食べてみよう

実際の研究でも血液中の尿酸再吸収が押さえられており、その効果は実証済み。まだまだ研究段階のこともありますが、免疫力アップにも役立ってくれるなど、健康のために是非食べたい果物の一つであることがわかります。ただしみかんや果物には「果糖」が多く含まれています。果糖をとりすぎると当然脂肪を作る原因ともなり、痛風の予防や肥満対策に関してもよくありません。適量を守り食べ過ぎないよう注意が必要です。今尿酸値が気になっている、という方は是非みかんを食べてみてはいかがでしょうか?身近なフルーツが痛風予防につながりますので、是非お試しください。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.