1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる 食事納豆は痛風によくないってホント?実は尿酸値対策におすすめなワケ 

納豆は痛風によくないってホント?実は尿酸値対策におすすめなワケ 

納豆は痛風によくないってホント?実は尿酸値対策におすすめなワケ 

痛風対策を考える「納豆」は痛風にいい?わるい?

痛風が気になると、食べるものにも気を遣います。確かに食べ物の中には痛風発作の原因となる尿酸値のもととなる「プリン体」を多く含んだものもあるため、適当に好きなものばかり、とくに脂っこいものや塩気の強いものなどを中心に食べている方は要注意です。できれば痛風や体にも良いものを食べたい、ということでヘルシーな食材がとりあげられますが「納豆」がどうなのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

本来納豆と言えばたんぱく質たっぷりでヘルシー、ダイエットにももってこいの食材として知られています。しかしこの納豆にはプリン体が多く含まれていることは事実です。ところが一般的に食べる量である1パック、これを毎日食べるだけで痛風を発症しやすくなるというとそうではありません。むしろ体によい効果をもたらしてくれることの方が大きいのです。

ナットウキナーゼの働きに注目

納豆はたんぱく質だけでなく、食物繊維が非常に豊富であること、血栓を溶かしてくれるナットウキナーゼという成分が含まれていることなど、生活習慣病の予防にももってこいなのです。痛風だからプリン体の含まれるものはダメ!と頭から決めつけてしまうのではなく、体にどのような効果をもたらしてくれるのか、それを知ってからでも判断するのは遅くはないでしょう。この納豆に関しては体にプラスの影響を与えてくれる方が大きいので、是非積極的に食べたい食材としておすすめします。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.