1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる 食事玄米よりも白米がおすすめ?痛風対策をするときに選びたい主食とは

玄米よりも白米がおすすめ?痛風対策をするときに選びたい主食とは

玄米

ダイエットでおなじみの玄米は痛風対策には不向き?

ダイエットの最何かと邪険にされがちなのが白米です。炭水化物がどうだとか、あれこれ言われて食べる量を控えるように言われることも多い白米。しかし痛風対策としては玄米などのヘルシーなものよりも、白米の方がおすすめなのをご存知でしょうか。

そもそも痛風の原因となるのが尿酸が増えること、ですが、この尿酸を生成する材料となるのがプリン体と呼ばれるものです。プリン体は多くの食品に含まれていますが、特に多い食品は出来るだけ避けるようにするのが痛風対策においての基本です。そしてこのプリン体は玄米にもしっかり含まれており、ダイエットや美容メニューとしてはおすすめですが痛風対策には不向きであると言われているのです。

絶対に避けるべき!ではないのでご安心を

ならば痛風対策として選ぶのは何がいいのか、やはり基本の白米が無難であると言えます。それも適量を守って食べること、これで必要以上の心配をすることはなくなります。ただし玄米も絶対に避けなければならないものではなく、食べ過ぎさえしなければほとんど問題がないと言われています。ですからいずれを選んだとしても、食べる量に気をつければそれほど心配することはありません。

痛風対策は主食にこだわることも大切ですが、副菜や主菜などをバランスよく食べることが大切です。ひとつのものにこだわりすぎるのではなく、あらゆる栄養を補うことを意識してみましょう。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.