1. HOME
  2. 痛風対策・尿酸値を下げる 食事ほうれん草が尿酸値を下げる!お勧めレシピをご紹介

ほうれん草が尿酸値を下げる!お勧めレシピをご紹介

ほうれん草の画像

「痛風」対策で尿酸値を下げるのに「ほうれん草」が効く

現代人の多くが悩んでいる病気の一つが痛風です。最近の日本人は過食傾向にあること、アルコールの飲み過ぎや不摂生などによって引き起こされると考えられています。その痛風を判断する目安としてあげられるのが「尿酸値」ですが、痛風の症状を緩和させるためにはこの尿酸値を下げることが重要です。

通常の尿は弱酸性になりますが、尿酸値が高い場合は酸性の強い尿になります。尿酸はそのままだと溶けにくいため、体外へ一緒に排出されにくいのです。

そこで尿酸値を下げ、尿酸を排出させやすくするためにはアルカリ性の食品を摂取することが推奨されています。そのなかのひとつとして「ほうれん草」があげられますが、ビタミンAなど栄養が豊富な緑黄色野菜としても有名です。

「ほうれん草」のおすすめレシピ

ほうれん草は痛風対策として非常に適した野菜ではありますが、含まれる成分の一つシュウ酸はミネラルと結合して結石を作りやすくするため、調理する際はまず茹でてシュウ酸を溶かすのがいいでしょう。おすすめレシピは、やはりオーソドックスな胡麻和えや鰹節を混ぜるおひたしがヘルシーでベストです。

海草類の昆布やワカメと一緒に混ぜて、ポン酢でさっぱりといただくのもおすすめ。お味噌汁の具にもなりますし、和食をメインにアレンジすると健康的かつカロリーを抑えることができます。ドレッシングやお醤油など、調味料を変えてみるだけでも味に変化が出るのでぜひ色々試してみてください。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.