1. HOME
  2. 注目の記事痛風対策の新常識!黒酢・もろみ酢が尿酸値を下げる

痛風対策の新常識!黒酢・もろみ酢が尿酸値を下げる

グラスに入った飲み物を飲む女性

健康食品としても有名な黒酢・もろみ酢が「痛風対策」に効く理由

時代の流れのなかでダイエットに効果的な食品、健康に効く食材、今まで様々なものがブームになっていました。時代とともに消えていったものもあれば、未だに根強く残り続けているものもあります。後者は残るだけのきちんとした理由があります。それは確かな効果を実感できるから、これこそが一番大きな理由です。

そんな根強い人気を誇る健康食品の一つが「黒酢」や「もろみ酢」といったいわゆるお酢です。黒酢・もろみ酢には一般的な穀物酢などに比べて、クエン酸やアミノ酸が豊富であること、より健康に役立ってくれる栄養がぎっしり詰まっていることが特徴です。

そしてこの黒酢・もろみ酢が、現代人の多くを悩ませている「痛風」の予防や改善に効果があることをご存知でしょうか?ダイエットや美容、健康のためにと大活躍のお酢は、現代病のひとつでもある痛風にも高い効果を発揮するのです。

なぜ黒酢やもろみ酢が痛風対策として注目されているのか。その秘密はずばり「尿酸値」と関係しています。この尿酸値に働きかけてくれるのが黒酢・もろみ酢に豊富に含まれている「クエン酸」です。このクエン酸がなぜ尿酸値に効くのか、その仕組みをご説明していきましょう。

黒酢・もろみ酢に含まれる「クエン酸」が尿酸値を下げる仕組み

クエン酸はお酢以外にも梅干しやレモンなど「酸っぱい食品」に多く含まれています。クエン酸の働きは疲労回復や脂肪を燃やしてくれる働きを促すなど、健康面において非常に重要な働きをすることでも知られています。黒酢などには「酢酸」が成分として含まれていますが、この酢酸は体内に取り込まれる際に「クエン酸」へと変化します。

名前からも分かる通り、酸とついている成分ですから酸性に属すると考える方も多いでしょう。しかしクエン酸は体内で分解されることにより、尿をアルカリ性へと変化させる働きを持っています。そしてアルカリ性になった尿には酸性の尿酸が溶けやすくなります。

つまりこの働きによって尿酸が外へ尿と一緒に排出されるよう促し、結果的に尿酸値を下げるという仕組みが出来上がるのです。痛風治療薬のなかにも、クエン酸ナトリウムを主成分としたものがあるなど、クエン酸が尿酸値を下げる効果を持っているということはすでに研究により実証済みです。

黒酢やもろみ酢には酢酸、つまりクエン酸が豊富に含まれているため尿酸値を下げるのに大きく貢献してくれます。それだけではなく、黒酢に多く含まれるアミノ酸は肝機能の働きを助ける効果も持っているため、痛風対策としてだけでなくからだ全体の健康を守る意味でも非常に大きな役割を持っています。

特定の箇所だけに働きかけるのではなく、体内のあらゆる働きを向上させることで効率よく尿酸値を下げ、健康を維持することができるというわけです。

黒酢・もろみ酢を毎日の習慣にするのは簡単

お酢を毎日飲もうと思うと、慣れないうちは飲みにくかったり習慣にしづらかったりします。それならば味やにおいを気にすることなく、手軽に毎日水で飲めるサプリメントタイプがおすすめです。黒酢に含まれる栄養を一粒ずつにぎゅっと濃縮させ、毎日効率よく栄養補給することができます。

お酢が苦手な方でも気にすることなく飲めるので、毎日の習慣にしやすく非常におすすめです。尿酸値を普段の食事だけで下げるのはなかなか難しいことです。しかし黒酢やもろみ酢など、お酢を取り入れることによって効率よく、健康的に尿酸を下げることが可能になります。痛風は一度発症してしまうと非常に厄介な病気です。

今のうちに予防対策を行うことや、発症してしまった場合にきちんと対策をとる必要があります。身近な食品の一つでもある黒酢、もろみ酢などお酢の力を借りて尿酸値にアプローチしていきましょう。

人気NO1の濃縮元気もろみ酢(お茶村)の口コミを見る

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.