1. HOME
  2. 痛風・尿酸値の基礎知識尿酸値が低いからといって絶対に安心だとは言えない

尿酸値が低いからといって絶対に安心だとは言えない

指でバツを作る男性の画像

尿酸値が低いからといって油断は禁物!

尿酸値が高いと判断される基準の一つとして、尿酸値の数値が7.0mg/dl以上であると「高尿酸血症」と診断され、痛風のリスクが高まると言われています。つまり痛風を予防するためには尿酸値を意識することが大切ですが、実はこの尿酸値は低ければ低いほど良い、という単純なものではありません。

痛風を発症する条件の一つとして尿酸値の数値が基準になることはもちろんひとつですが、数値が低いから絶対に今後痛風にはかからないという保証にはなりません。数値に安心してプリン体を多く含む食品を積極的に食べ続けたり、飲みたいだけアルコールを飲んだり、不規則で栄養バランスの悪い食事ばかりを続けていれば誰にでも痛風が起こる可能性はあります。

また別の考えとして、逆に尿酸値の数値が低い場合は痛風以外の病気を発症しやすくなるという指摘もあります。痛風のことだけを考えれば、ただ単純に尿酸値を下げればいいのではと思いがちですが、この尿酸値が低い状態だと「低尿酸血症」と診断されることもあります。

腎臓で通常よりも多くの尿酸を排出してしまうことにより、急性腎不全や尿路結石といった病気を起こす可能性もあるため、ただ尿酸値が低ければそれでいいというものではありません。自分は尿酸値が基準内だから大丈夫。今の時点では確かにそうでしょう、しかしその状態が一生続くとは限りません。年齢を重ねて代謝が落ちていけば、誰でも痛風になる可能性を秘めています。

日頃の積み重ねが健康を左右する

人間は持って生まれた体質というものがあり、非常に不公平に感じることもあるかもしれませんが、どうしても尿酸値が上がりやすい方・そうでない方というのはあります。プリン体を多く含む食事をそれほど摂っていないし、アルコールもそれほど飲まない。でも痛風を発症してしまった、ということは決して珍しいことではありません。

体質的に尿酸値が上がりやすいという方は、それなりに気をつけていても痛風になってしまうというのは事実としてあります。普段からプリン体を多く含んでいる食事を食べるし、アルコールも好き。でも尿酸値に特に大きな変化を見られない、という方は体質的に尿酸値の変動が起きにくいタイプの方でしょう。しかしそれに安心しきってはいけません。

ある日突然体質が変わるということは考えにくいでしょうが、年をとれば誰でも代謝は落ちていきます。すると老廃物を体に溜め込みやすくなり、徐々に体質が変化していくことは可能性として十分考えられます。

今までどんなことをしても平気だった、だからといって今後その生活を続けていて何事も起こらないという保証はありません。安心しきっていると、ある日突然足下に激しい痛みを感じた、なんてことがないとは言い切れません。尿酸値は低いからといって、必ず痛風にならないと安心できる理由にはならないのです。

自分の体を日々労りながら、バランスの良い食生活を

好きなものを好きなだけ食べる、確かに心は満たされていくでしょう。しかし栄養面で考えると、体が満足しているかはまた別の話です。食事によって尿酸が左右される程度なんて知れている、という説もありますが全く関係ない話ではない限り、ある程度は意識した食事を心がける必要があります。尿酸値は高い!と気づいたら、そこから下げていくのは簡単なことではありません。

日々好きなものを食べて心を満たすのもいいでしょう。しかし野菜をできるだけたくさん食べる、肉やアルコールはほどほどにする、こういった日常の努力は必ず健康のために役立ちます。痛風と無縁の生活を送るためにも、毎日バランスの良い食生活を心がけましょう。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.