1. HOME
  2. 痛風・尿酸値の基礎知識尿酸値が高いとどんな病気になる?病気の種類や合併症について

尿酸値が高いとどんな病気になる?病気の種類や合併症について

腕を組んで考え込んでいる男性

尿酸値の量が7.0mg/dlを超えることで、高尿酸血症の患者に認定されます。これは尿酸値の量が異常ということで、放置しておけば様々な病気、合併症の危険性があるとされているのです。ここでは、尿酸値が高いことで発症する病気と合併症についてお教えしましょう。

痛風

おそらく尿酸値が高い人の大半は、痛風の危険があると考えているでしょう。痛風とは風が吹いただけで痛みが走る、というところから来ている病名で、その名の通り激痛を伴います。痛風は徐々に発症するのではなく、ほとんどが急に始まり、主に足や手の関節が大きく腫れあがります。

症状の重さにもよりますが、耐えられないくらいの痛みとなることも多く、下手をすれば朝起きて痛風が発症しており会社に行けない、ということもありえるでしょう。痛風の主な原因は尿酸値が高いことで体内の各部に尿酸の結晶が蓄積し、これが一定量を超えると痛みを伴うようになります。なぜ関節に多く発生するのかといえば、そこが最も結晶の溜まりやすい場所だからです。

特に血流が滞りがちな親指の付け根部分は痛風の格好の標的。初めての場合は7割が親指の付け根とも言われています。痛風は10日くらいで痛みが治まるので完治したと思ってしまう人がいるようですが、それは一時的なことであり、きちんと尿酸値を下げなければいつ再発するか分かりません。

腎障害

痛風は尿酸の結晶が間接に溜まって発症するわけですが、何も結晶が溜まるのは関節だけではありません。体内の尿酸結晶は確実に腎臓へと蓄積していき、溜まれば溜まるほどに腎臓の機能を低下させていきます。そもそも腎臓というのは血液から尿を作り出す役割をしているため、他よりも尿酸値が高くなりがちです。

そこに尿酸値の高い血液が流れ込むことで、結晶はより蓄積しやすくなり、そのせいで腎臓の機能が低下。そして、腎臓の機能が低下すると尿が上手く排泄できなくなり、体内では尿酸値が上昇。といった負のループが繰り返されることになります。

それだけではなく、尿酸値が高いのを放置しておくと腎臓の血液から尿を作り出す機能に異常をきたすようになり、老廃物を上手く排泄することができなくなるのです。最終的には腎不全と言って腎臓が30%しか動かなくなってしまい、腎臓の移植手術が必要になることもあるので、尿酸値改善は早めにしておきましょう。

尿路結石

こちらも尿酸値が高いことで引き起こされる有名な病気です。尿路結石はその名の通り、尿の通過道に結晶の石ができてしまうことで発症し、痛風とはまた違った激痛を伴うのが特徴となっています。その激痛は例えようもないくらいとされており、30代を超えた男性は特に注意が必要です。

激痛だけでも苦しいのですが、そのうえに吐き気や嘔吐が襲ってくることもあり、一部では生きているのが嫌になるとも言われています。尿酸値が高いだけでなくシュウ酸も大きく影響しているので、ほうれん草やチョコレート、ナッツなどの摂取も避けるようにしましょう。

合併症による心筋梗塞

尿酸値が高いこと、そして生活習慣病が合併することが最も恐ろしい病気を招くとされています。それは、動脈硬化です。有名なので名前くらいは聞いたことがある人も多いと思いますが、これは血管が詰まってしまい動脈が硬くなってしまうというもので、進行することで心筋梗塞や脳卒中の危険性が高まります。

しかも、厄介なことに動脈硬化による心筋梗塞などは発症して初めて気が付く場合も多いのです。そして、その時は既に手遅れということもあり、尿酸値が高いというのがいかに危険かが分かります。動脈硬化で死亡する日本人は非常に多く、死因の2位にもなっているのです。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.