1. HOME
  2. 痛風・尿酸値の基礎知識ダイエットが原因で尿酸値が上がる?ダイエットと痛風の関係とは

ダイエットが原因で尿酸値が上がる?ダイエットと痛風の関係とは

体重計に乗る足元

必死にダイエットをしたのに病院で尿酸値が高いと言われてしまった。そんなことになったらショックですよね。しかし、ダイエットの方法によっては尿酸値を上げてしまう可能性があるのです。

ダイエットと痛風の関係

ダイエットで尿酸値が上がっている人の大半は、おそらく強いストレスを受けています。これは仕方のないことですが、ダイエットをするということは、それだけ我慢を強いられるということです。そのため、人によって差があれど強いストレスを受けることは間違いありません。そんなストレスが体に良くないことはみなさんご存知だと思いますが、実は尿酸値を上げる大きな原因にもなりえます。

というのも、ストレスを受けると自律神経が乱れるため、血管が細くなって腎臓の機能が低下するのです。腎臓の機能が低下することで尿酸を尿として排泄する能力も低下し、最終的に尿酸値が徐々に上がっていきます。そして、尿酸値が上がれば当然、痛風の危険性も上がるというわけです。ダイエットで尿酸値が上がってしまった人は、このようにストレスが原因と考えていいでしょう。

トレーニングが原因かも?

ダイエットの方法にもよりますが、場合によってはハードなトレーニングをすることもあるでしょう。トレーニングによって疲労が溜まると、臓器の機能が低下することもあり、これも尿酸の排泄妨害に繋がることがあります。なかなかいないとは思いますがプロテインを使っているという人は、これも尿酸値を上げる原因になるので注意しましょう。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.