1. HOME
  2. 痛風・尿酸値の基礎知識男性の方が痛風になりやすいのはなぜ?尿酸値の男女差について

男性の方が痛風になりやすいのはなぜ?尿酸値の男女差について

見つめあう外国人のカップル

痛風といえば男性がかかる病気というイメージがありませんか。それはまさにドンピシャで、実際に痛風というのは男性がかかることが多い病気なのです。これは、男女による尿酸値の差が大きく関係しています。

男女で尿酸値が違う?

男性と女性では体の作りが違うため、尿酸値も男女でかなりの差があります。実際に尿酸値の平均を見てみると、男性は約4~7mg/dlに対して女性は約2.5~6mg/dlとなっており、明らかに女性の方が低いことが分かるでしょう。

このような差があるに関わらず、尿酸の全体基準値は7mg/dlとなっているので、痛風が男性ばかりに発症するのも納得がいきます。割合にしてみると分かりやすいのですが、痛風患者の9割が男性とされており、女性はたったの1割。しかし、ここまでの差が生まれたのは一体なぜなのでしょう。

男性の方が痛風になりやすい理由

男性の方が尿酸値が高いため痛風になりやすいのですが、そもそも尿酸値が高い理由は何故なのでしょう。これには女性特有の女性ホルモンが大きく関係しているとされています。

女性ホルモンには腎臓から尿酸を排泄する働きを促進する効果があるため、女性は男性よりもスムーズに尿酸を排出することができるのです。これに加えて、男性は飲み会でビールや高カロリーなおつまみを口にすることが多いというのも男女で尿酸値が違う原因と言えるでしょう。女性の場合は野菜を好んで食べますが、男性の場合は肉ばかりという方も多いのではないでしょうか。このような理由によって、男性ばかりが痛風になるわけです。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.