1. HOME
  2. 痛風・尿酸値の基礎知識こんな合併症に注意!高血圧と尿酸値の意外な関係について

こんな合併症に注意!高血圧と尿酸値の意外な関係について

驚いいている女の子の画像

尿酸値が高い人ほど高血圧の疑いがあることはご存知でしょうか。実は高血圧と尿酸値には深い関係性があり、合併症には十分注意しなくてはならないのです。

高血圧と尿酸値の関係って?

尿酸値が高い人ほど高血圧になる、というのにはしっかりと理由があります。それは、尿酸値が高い人ほど全身の血管に炎症を起こしていることが多く、これを放置しておくと次第に血管が狭まり、徐々に血圧が下がらなくなってしまうためです。

これによって高血圧の症状は進行していき、尿酸値が高いのと同時に高血圧まで抱えることとなります。これによって血流が悪くなると、メタボリックシンドローム、糖尿病を引き起こすこともあり、それらが尿酸値を高くするという負のループにはまってしまうこともあるでしょう。こうなると何から治療すべきか難しくなってきますので、早め早めの対処が重要です。

合併症に注意

高血圧で尿酸値も高い人が最も注意しなくてはならないのが、高尿酸血症と高血圧の合併症です。これを放置しておくと動脈硬化の恐れがあり、そこから脳梗塞や心筋梗塞に発展。最悪の場合は死に至ることもありえます。

実際に高尿酸血症患者の30%は高血圧を合併していると言われているので、どちらかの問題を抱えている人は、一度検査をして確かめておいた方がいいでしょう。死亡までいかないとしても、確実にこれらは体に悪影響を与え、体調は悪くなる一方です。ちなみに、痛風患者の場合はさらに高血圧との合併確率が高くなります。

健康的な食生活など生活習慣に気をつける

以上のことから、あらゆる病気とのリンクが気になりやすいものですが、ただひたすらに怯えながら生活する必要はありません。確かにいずれの症状もからだにとって与えるものが大きいことから、決して軽視すべきものではないことは確かです。

ただ、そればかりを考えてあれもできないこれもしてはいけない、というように生活に制限をかけてしまうとそれも気持ちのうえで不安や、イライラがつのっていくばかりです。こうなってしまうと心にもいい影響を与えません。

そうならないためにはどうすればいいのか。ずばり「生活習慣を見直す」のがおすすめです。具体的にいうと食事の改善。たとえばふだん脂っこい料理ばかり食べているという方はそれを減らす、毎日のように食べているなら週2〜3日程度にするなど、全くなくしてしまうのではなく少しずつ減らしていくのです。

野菜をたくさん食べるようにする、食物繊維を積極的に摂取する、水分をより意識して補給する、たったこれだけでも違います。できないことが何かを考えるのではなく、どういったことがプラスになるかと前向きに考えていくことの方が精神衛生上おすすめです。簡単なものから取り入れてみませんか?

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.