1. HOME
  2. 痛風・尿酸値の基礎知識尿酸値がリスクに!痛風などにつながる高尿酸血症とは

尿酸値がリスクに!痛風などにつながる高尿酸血症とは

口元に手を当てて驚いている男性

尿酸値の上昇によって発症するのが痛風だけと思っている方は大間違いです。尿酸値の上昇は高尿酸血症に繋がり、これが様々な病気のトリガーとなります。今回はそんな恐ろしい高尿酸血症について詳しく解説しましょう。

高尿酸血症って?

まず、高尿酸血症という名前に聞き覚えのない方も多いでしょう。そこで、少し高尿酸血症について解説します。高尿酸血症というのは尿酸値が高い状態、具体的に葉血中の尿酸濃度が7mg/dlと診断された状態のことを指すのです。

高尿酸血症の原因はいろいろ考えられますが、主に食生活の乱れからくるプリン体の過剰生産、野菜不足からの排尿機能低下などが代表的なところでしょう。現代の生活習慣病としても有名で、若い人でも歳の人でも等しく注意しなくてはなりません。そして、高尿酸血症と診断された人は様々な病気の発症を覚悟する必要があるのです。

痛風につながる?

高尿酸血症と診断された際、まず危険視されるのが痛風の発症です。痛風は有名なのでご存知の方も多いとは思いますが、簡単に説明しておくと手足、おもに関節部分が腫れてしまい、そこに強い痛みが襲ってくるという病気。例えようのないくらい苦しい痛みが待ち受けています。

そんな痛風は体内の尿酸が増え、それが各関節に蓄積することで起きる病気ですので、当然ながら高尿酸血症と診断されれば、それだけ発症のリスクは高まるでしょう。徐々に痛みが襲ってくるわけでは無く、高尿酸血症の人は急に痛みに襲われることになりますので、朝起きたら寝る前の穏やかさが嘘のように痛みが襲ってくることもあるでしょう。

ちなみに、痛風はよっぽど重い症状でなければ数日でおさまります。しかし、それは治ったわけでなく、一時的に痛風が引っ込んだにすぎません。高尿酸血症の方は、いつまた痛風が襲ってきてもおかしくないのです。

高尿酸血症のリスクは痛風だけじゃない

高尿酸血症というと痛風が有名ですが、何も痛風だけだ全てではありません。同じ痛みが襲ってくる病気としては、体内で作られるおしっこの通り道が尿酸の石で塞がれてしまう尿路結石というものもあり、こちらも痛風同様に酷い痛みに苦しむことになり、数日で収まるのが特徴です。

さらに、高尿酸血症は慢性腎臓病の原因にもなります。これは血液をろ過する腎臓の機能が最悪の場合は30%ほどになってしまうというもの。30%程度の働きになった腎臓では正常に血液をろ過して尿を作り出すことができませんので、治療方法として人工透析と呼ばれる、腎臓の機能を機械に肩代わりしてもらう方法がとられることもあります。もっとひどい場合は人の腎臓を移植することになる可能性もあり、考えてみるとゾッとすることでしょう。

一番怖いケースとしては、高尿酸血症と肥満等の生活習慣病が合併することで、動脈硬化が引き起こされることが想定されます。動脈硬化とは脳梗塞につながる、いわば死を招くこともある恐ろしい症状です。このように高尿酸血症で良いことはありませんので、早めに解消しておきましょう。

高尿酸血症は黒酢で治る?

恐ろしい病気のトリガーとなる高尿酸血症。最後に対策方法を教えておきましょう。それは、とにかく尿酸値を上げないことです。高尿酸血症は尿酸値が7mg/dlの状態のことなので、尿酸値をそれ以下に下げてしまえば問題解決でしょう。

そこで、比較的簡単に尿酸値を下げてくれる方法をひとつ提案しておきます。それは黒酢を摂取すること。昔はそう騒がれていませんでしたが、最近は尿酸値を下げるなら黒酢とも言われているくらい、高尿酸血症の人の注目を集めているのです。サプリメントなら毎日飲んでも、そう苦になることはないので、高尿酸血症の人や恐れがある人は試してみるといいでしょう。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.