1. HOME
  2. 痛風・尿酸値の基礎知識足の指だけじゃない!かかとやくるぶしなど痛風の症状が現れる場所

足の指だけじゃない!かかとやくるぶしなど痛風の症状が現れる場所

足の指だけじゃない!かかとやくるぶしなど痛風の症状が現れる場所

ある日訪れる痛み!「痛風」の発作が起こるのは足の指以外にも?

突然、なんの前触れもなく起こる強い痛み。そのあまりの痛さに「そよ風が吹いても痛い」と表現され、その名前がついたとも言われています。そう、これこそが「痛風」です。痛風の発作は突然起こりますが、数日間の強い痛みが続いたのち、ふと痛みがおさまることも特徴です。しかしここで治ったと思うのは甘い考え、一旦おさまった痛みはまたさらに痛みだしその場にひっくり返ってしまう方もいるとか。

一般的に痛風の発作が起きる箇所は「足の指」が多いと言われています。約7割の方が足の親指の付け根に炎症が起こり、激しい痛みが生じます。人によってそれぞれですが腫れてしまう方もいれば、目に見えては腫れていないけれど痛みが強いなど訴える症状には多少違いがあります。痛みはとにかく骨を釘で刺されているようだと感じるほど、強く激しいものがほとんどのため大体の方はすぐ病院へ駆け込みます。何かぶつかったり、傷めた覚えもないのに激しく痛いという方はまず痛風を疑うべきでしょう。

しかし痛みは足の指以外にも起こる可能性があります。それは尿酸が結晶化することで痛みを発生させる箇所が「関節」という特徴があるため、その他の関節に痛みが起こる場合があるのです。足の指ではないけれどもしかして?と思う方の参考にもなるかもしれませんので、その他痛みが発生する場所を知っておきましょう。

かかとやくるぶしなども痛風の症状が出やすい!

先ほども言ったように全体の7割は足の親指の付け根、に強い痛みが発生します。そして足の指以外にも、痛風の発作が起きる可能性はあります。例えばかかと、くるぶし、足の甲など足首より下に強い痛みが起こる場合もあります。その他にもひざやアキレス腱に発生する場合もあり、膝から下の部分に発生する確率は9割といわれています。まれに肘や手首で発生することもあるため、足の痛みじゃないから痛風ではないと安心してはいけません。痛風の可能性がある、とだけでも覚えておいた方がいいでしょう。

基本的に細かい関節部分に起きることがほとんどですので、大きな関節、例えば股関節などには痛みは発生しません。絶対ではありませんが、限りなく可能性は低いため、その部分に起こった痛みは何か別の症状であると考える方がよいでしょう。よく動かす関節部分に痛みが起きやすいというのが痛風の発作の特徴です。

また痛みの程度は激痛の場合もあれば、比較的軽い痛みの場合もあります。ただしその痛みの度合で痛風が軽度のものかどうなのか、それをはかる基準にはならないことを覚えておいてください。痛みが軽いからそのうち治る、ではなく痛風の発作が起きたということをある程度深刻にとらえる必要があります。

痛風に必要な対策をとることで改善へと向かう

痛風が起きたらどうすべきか、まずは適切な対処を行うことが一番重要です。痛風の場合は自己判断でどうこうできるものではありませんので、まずは医師の診察を受けて、必要な場合は尿酸値を下げたり炎症を抑える薬などを飲むこと、今の不快な症状を抑える必要があります。その後にやるべきことは生活習慣の見直しなど、痛風になりやすい習慣を今すぐやめることが大切です。

痛風になりやすい生活は、同時に生活習慣病などのリスクを抱えることと同じです。将来的にそれらを発症させないためにも痛風をきっかけに、生活を見直す必要があります。時に命の危険に関わることもあるため決して甘く見すぎないこと。痛風は思った以上に深刻なリスクを抱えている病気でもあります。たかが痛風と思わず、しっかり向き合って治療し、生活を改善させていきましょう。

© 2019 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.