1. HOME
  2. 痛風・尿酸値の基礎知識薬の飲み合わせに要注意!気を付けたい尿酸値が上がる薬

薬の飲み合わせに要注意!気を付けたい尿酸値が上がる薬

薬の飲み合わせに要注意!気を付けたい尿酸値が上がる薬

薬で尿酸値が上がってしまう?飲み合わせには要注意

痛風を発症した、もしくは尿酸値が高いと診断された場合は尿酸値を下げる必要があります。尿酸値を下げるための方法はいくつかありますが、実はその方法をとる前に注目したいのが「薬によって尿酸値が上がってしまう」ということです。ご存知の通り、薬というものはある症状に対しては効果を発揮しますが副作用が起きる場合もあります。薬を飲む以上仕方のないことですが、どういった副作用が起きるか知らずに飲み続けていると、知らないうちに尿酸値が上がってしまっていた、ということもあります。

主に尿酸値を上げてしまう薬として知られているのが鎮痛剤としても知られているサリチル酸製剤は、尿酸の排泄を低下させてしまうため、結果尿酸値を上げてしまいます。他にも気管支喘息などに使用されるテオドールも尿酸値を上げてしまいます。他にも注意しなければならない薬はありますので、まずは処方される前に医師に相談すること。飲み合わせは大丈夫か必ず聞いておきましょう。

勝手に自己判断で薬をやめないこと

しかし、尿酸値が上がるからといって勝手に薬の服用をやめてはいけません。尿酸値を上げてしまうのはよくありませんが、自己判断でその薬を飲むのをやめてしまっては、正しく治療できなくなってしまうこともあります。大切なのは自分で薬について調べること、担当の医師に相談することです。尿酸値だけにこだわるのではなく、正しく薬と向き合いましょう。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.