1. HOME
  2. 痛風・尿酸値の基礎知識発作が起きやすい季節や時間がある?気になる痛風発作のタイミング

発作が起きやすい季節や時間がある?気になる痛風発作のタイミング

発作が起きやすい季節や時間がある?気になる痛風発作のタイミング

痛風の発作が起きやすい時はあるのか?

ある日突然激しい痛みに襲われ、大人の男性でも耐えられないほどと言われるその発作は「痛風」と呼ばれる現代人にとって身近な病気の一つです。痛風の特徴は自覚症状がないこと、ある日突然起こるためなかなか予防しづらいことがあげられます。現代病の一つでもある痛風ですが、実は季節によって起きやすい時期というものがあることがわかっています。もちろんあくまでも起こりやすい、だけであってその季節以外は心配いらないというわけではありませんのでご注意を。

ちなみに痛風になりやすい季節はやはり「夏」がダントツです。特に暑くなり始める7月頃から多くなり、この時期にはじめて痛風になったという方も少なくありません。というのも暑いがために汗をかき、尿の量が減少して尿酸を排出しにくくなるためです。するとどんどん尿酸は蓄積されていき、結晶化していく可能性がアップします。

初秋にも要注意です!

秋になるから安心、というものでもありません。夏から秋に移り変わる頃はまだまだ汗もたくさんかきますので、夏同様にしっかり水分補給することをおすすめします。また時間帯としては夜中に起こることが多いです。これは寝ている間に血圧が下がり血液循環が悪くなるため、ともいわれています。痛風は予防することが何より肝心ですので、まずは生活習慣を見直し水分補給をしっかり行っていくようにしましょう。痛風は年中注意が必要ですよ。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.