1. HOME
  2. 痛風・尿酸値の基礎知識似ている症状だけどこれって痛風?痛風と間違えやすい病気まとめ

似ている症状だけどこれって痛風?痛風と間違えやすい病気まとめ

似ている症状だけどこれって痛風?痛風と間違えやすい病気まとめ

「痛風」と間違えやすい病気とは?

急に関節に強い痛みが!これって痛風?と思わず慌ててしまう方も多いでしょう。もちろん痛風の発作の場合も十分考えられますが、そうでない場合も結構多いようです。痛風と間違えやすい症状は、どんなものがあるのかをまずはご紹介していきましょう。

まず「偽痛風」というものがあります。これは痛風に非常に似た症状で、男性女性誰にでも起こります。ピロリン酸カルシウムという結晶が原因で関節炎を起こすなど、比較的高齢者の方に多い症状です。実は関節炎のなかでもなかなか多い症状の一つです。

続いて「外反母趾」これは足の親指付け根の関節から、先の骨までが外側に曲がり変形を起こした状態です。炎症を起こすと強い痛みを発するため、痛風と間違える方も多いようです。また「関節リウマチ」もあります。こちらは女性に多い症状で慢性的な痛みが特徴ですが、最近は薬で改善できるようになってきました。痛みなどを感じたら診察を受けるて、処方された薬で治療していきましょう。

基本的におかしいと思ったら診察を受けること

厄介な病気の一つとして「蜂窩織炎」というものがあります。これは皮下組織が細菌感染して起こるもので、非常に危険な状態です。早急に病院へ行くようにしましょう。基本的にはおかしいな?と思ったら医師の診察を受けるのがオススメです。痛風であってもそうでなくても何かしら対処は必要となります。自分の体に敏感になるクセをつけておきましょう。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.