1. HOME
  2. 痛風・尿酸値の基礎知識実は贅沢病ではない?痛風が贅沢病と呼ばれる理由とプリン体の関係

実は贅沢病ではない?痛風が贅沢病と呼ばれる理由とプリン体の関係

贅沢なイメージ

かつて贅沢病と呼ばれた「痛風」の今の姿とは

暴飲暴食や贅沢なものばかり食べている人がなるもの、そういった印象が強かった痛風はかつて「贅沢病」とも呼ばれていました。日本の食生活と言えば数十年前はもっと今よりも質素で、カロリーも非常に低いものばかり。今と言えば欧米化が進み、高カロリーの食事がほとんどと言えるほど、栄養過多の状態が指摘されるようになっています。

ですから今、贅沢病というのはもう時代遅れ。誰がなってもおかしくない現代病の一つです。痛風の原因となるのが尿酸値の上昇ですが、この尿酸を作るもととなるのがプリン体です。このプリン体を多く含んだ食品は比較的高級なものであったりすることも多かったため、贅沢病と名がついたことも考えられます。しかし今は食材の選択肢も多いため、プリン体を含んだ食品も非常に増えてきています。

水分補給と栄養バランスのととのった食事がカギ

痛風を予防するためにはプリン体の摂取を控えること、これが大切です。そのためにはプリン体をあまり多く含まない食材を選び、バランスよく栄養を摂取するのがおすすめです。

また、あわせて重要となるのが水分補給。尿酸を排出させるためにはこの水分が絶対に欠かせません。一日に飲む目安は大体2リットル程度といわれていますので、それを目安に毎日きちんと水分をとりましょう。贅沢病と言う名前に胡座をかいてのんきに好きなものばかり食べ続けていると、ある日突然痛風の発作に悩まされるかもしれませんよ?

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.