1. HOME
  2. 痛風・尿酸値の基礎知識尿酸値が高いとメタボになる?メタボリックシンドロームと尿酸値の関係

尿酸値が高いとメタボになる?メタボリックシンドロームと尿酸値の関係

メタボリックシンドローム

メタボと痛風、この二つは大きく関係している?

若い頃はカロリーを気にせず食べたり飲んだりしても、代謝が活発なためすぐに消化し体から余分なものを排除してくれます。しかしそのシステムは永久に続くわけではなく、年齢を重ねるとともにどんどん衰えていきます。中高年に差し掛かる頃になると、食べたものをそのまま外へ追い出すどころかどんどん蓄積していくようになります。

すると、同じような生活を続けていたらみるみるうちに肥満体になってしまうことだってあり得るのです。この頃になるとよく注意されるのが「メタボリックシンドローム」通称メタボです。メタボと診断される基準はまず腹囲が男性の場合85cm以上、女性の場合90cm以上というのが一つ目の項目です。

それに加えて「脂質」が中性脂肪値150mg/dL以上か、HDLコレステロール40mg/dL未満、両方もしくは片方当てはまるかどうか。「血圧」が収縮期血圧130mgHg以上、拡張期血圧85mgHg以上、両方もしくは片方当てはまるかどうか。「血糖」が空腹時血糖値110mg/dL以上かどうか。これらの項目が二つ以上当てはまった場合、メタボであると診断されます。

ですからメタボであると判断された場合は、早急に対策する必要があります。肥満であることは高血圧や糖尿病など、あらゆる生活習慣病のリスクが高まることと同じですので、後々重大な事態を招いてしまう可能性もあります。そう、命の危険にも関わってくる場合があるのです。また中高年の多くを悩ませる「痛風」にも関係しています。メタボと痛風の原因を作る尿酸は、切り離せない関係にあるからです。

メタボは尿酸値の上昇を招く可能性

尿酸というのは誰の体の中にも存在しています。しかし、生活習慣などが要因となり尿酸値が上昇していき、それが蓄積されるとある日突然痛風の発作が起きてしまいます。この尿酸値が上昇することとメタボになりやすくなる、というのは実は連動しています。なぜなら内臓脂肪が蓄積されることによって尿酸値が上昇しやすくなるからです。

また尿酸が増えすぎると腎臓が本来の働きをできなくなってしまうなど、高血圧の原因を作ってしまうこともあるのです。しかし逆に言えば内臓脂肪を減らすことで尿酸値を下げることも出来るので、メタボ対策を行うことが痛風対策にも自然と繋がっていきます。

これは現在の研究によって分かってきていることなので、もしメタボであると診断された場合はすみやかに対策し、痛風の予防や改善に努めましょう。痩せすぎも決してよくありませんが、肥満も何も良いことを生み出しません。何事も適度なバランスを保つ、これこそが体の健康を守るために大切なことなのです。

まずは生活習慣の見直しからはじめてみましょう

医師の診察を受け、薬を飲む必要があればそれを選択してください。そしてあわせて行っていただきたいのが生活習慣の見直しです。メタボも痛風も、原因はさまざまなものが組み合わさって起こっている場合が殆どです。それならばいっそ、今の習慣を思い切って変えてみるぐらいの大胆さが必要となるでしょう。

早寝早起きができていないのであればできるように時間を調整する。運動する時間がないというならなんとかして15分だけでも確保するようにする。食事は栄養バランスを意識し、適量を心がけて食べ過ぎないようにする。こういった基本こそが大切なのです。

今までの習慣を突然変えることは大変かもしれませんが、自分自身のためにやらなければならないことです。メタボも痛風も診断されてからの改善はなかなかに大変ですので、できるだけ予防の段階で食い止められるようにすることをおすすめします。

© 2018 痛風・尿酸値ガイド All Rights Reserved.